• メルマガ登録はこちら
  • 占いコラム・ブログ

お客様の声

2018.07.23  ハマー様より

過去に2回鑑定していただきました。 とても落ち着いた物腰で説教くさくなく ....

2017.02.08  I様より

泰志龍先生、今日よせていただいた者ですが、自分が迷って悩んでいたことに対して....

2017.01.09  たけちゃん様より

母親感覚で懇切、丁寧にアドバイスをしてもらえて好感が持てました。

トップ > 占いコラム・ブログ

占いの世界をたっぷりお届け 占いコラム・ブログ

『結婚したら片目をとじよ』

2012年11月09日 20時00分

「前は好きだったんですけど、最近相手のことが急に嫌になって・・。どうしたらいいですか?」

というご相談を受けることがあります。
何を勝手なことを・・と思われるかもしれませんが、実際、このようなお悩みを打ち明けられることはかなり多いのです。どうしてこうなるのでしょう?


『結婚前は両目を見開き、結婚後は片目を閉じよ』

という言葉があります。
幸せな結婚生活を迎えるためには、『お付き合いをしている段階で、その相手の人物をしっかり見極めること、
そして結婚したなら、相手の少々の欠点には目をつぶり、穏やかな家庭生活を心がけることが大切だ。』というのです。名言ですね。

しかしながら、実際はその逆になってしまいがちです。
『恋は盲目』とか、『アバタもエクボ』という言葉があるように、“恋愛中”は「好き!」という思いが先に立ち、相手のすべてが美点にみえてしまうのです。
ところが、結婚して長い時間共に生活するようになると、それまで気にならなかったことが目につくようになってくる…。

さらに多くの場合、「こんなはずじゃなかった!」という思いにとらわれてしまうと、イライラが募って家庭内不和ということになるようですね。

ある女性が「結婚するなら、その前に必ず同棲するべき!」と言っていましたが、それも一理あるかもしれませんね。

完璧に理想の人というのはなかなか出会えるものではありません。
でも“欠点も含めて愛せる人”と、“納得ずくの結婚”ができれば、
それが理想の家庭生活に結びついていくのではないでしょうか?


                   − 泰 志龍 −


記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]